本社ビルを担保にして不動産担保ローンを活用しています

資金調達をするノウハウもしっかりと身につけることが可能

不動産担保ローンは臨機応変に資金を調達することが可能なのが魅力で、工場の建て替え工事が完成した後もこまめにサービスを利用しています。
中でも事務所をリフォームする費用を調達したかったり、機械が壊れて修理する必要があったりしたときにも安心です。
普段から同じ金融機関を利用しているため、返済シミュレーションや審査が順調に行うことが出来るメリットも得られます。
そして資金を何度も借り入れているので金融機関に対する信用力が高まり、融資してもらう際には優遇された年利にしてくれるのです。
おかげで金融機関を介して資金調達をするときにも、利息などの費用は最低限に抑制されています。
新たな拠点を用意するためにビルを建設する土地を選んでいた場合も、金融機関の担当者が支援してくれました。
担保に設定された不動産を評価するノウハウが豊富なので、土地を探すときにも役に立つ助言が受けられたことにも満足しています。
そこで金融機関のアドバイスを参考に土地を探すと、短期間で資産としての高い価値がある物件を探し当てることが出来ました。
購入資金は今まで本社ビルを担保に設定して融資してもらったため、年利をおよそ3%ぐらいに抑えることが出来たのです。
ですので土地を取得する費用とビルを建設する費用が2億円以上でも、企業の業績にも影響を及ぼさない範囲で余裕を持って返済することが可能でした。
本社ビルを繰り返し担保に設定して融資してもらっているため、経済的に負担がかからない範囲内で資金調達をするノウハウもしっかりと身につけることが可能です。

電車の中でデジタル広告が不動産担保ローン、相続の改正の話など
そんなことばかり。

みんながあんまり内容気にしてなさそう。


あと夏だから筋トレ系。

あとゼクシィ、オロナミンC。

こっちは興味ある人おおいのかな。

— たけのまさき@一棟物上げ (@masakiiiii6) 2019年7月26日

担当者としっかりと打ち合わせをしました無事に10年以内に完済資金調達をするノウハウもしっかりと身につけることが可能資不動産担保ローンは簡単に利用できます

不動産担保ローンNCB 不動産担保ローン | かりる | 西日本シティ銀行